PC周辺設定

【chromebook向け】 モバイルバッテリー おすすめ4選 【PD対応】

おすすめモバイルバッテリー4選

こんにちは、Mitoです。

この春、子供が高校生になりまして入学早々chromebookパソコンが支給されました。

高校では、「パソコンは各自持ち帰り家で充電してくる」という指示になっています。

たしかに学校内で全生徒が充電する事を想定すると、校内電源インフラを根本から構築する必要性が出てくるでしょうからね。

ここ数年、小中学校でパソコン授業が増えているなと思っていたら、

『GIGAスクール構想』

なるものが、文部科学省で推進されていたのですね。(←いまさら⁉)

GIGAスクール構想

1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備することで、特別な支援を必要とする子供を含め、多様な子供たちを誰一人取り残すことなく、公正に個別最適化され、資質・能力が一層確実に育成できる教育 環境を実現する


これまでの我が国の教育実践と最先端の のベストミックスを図ることにより、教師・児童生徒の力を最大限に引き出す

引用元:文部科学省(リーフレット)GIGAスクール構想の実現へ

今後高校での端末の取り扱いはどのようになっていくのか気になるところです。

さて、我が子は学校まで電車と自転車を利用して通学しているわけですが、充電のために1kg以上あるノートパソコンを持ち歩きさせるのは忍びなく思います。

先生からは、「モバイルバッテリーを持ってきてもいいよ~」とのことで早速モバイルバッテリーを購入したのでした。

学校で使う端末用にモバイルバッテリーを探しているけど何を選んでいいのかわからない方へおすすめのモバイルバッテリーをご紹介します。

Ankerおすすめモバイルバッテリー
Ankerおすすめモバイルバッテリー【目的別】みんなAnkerのモバイルバッテリーを使っているけど、種類が多くてどれを選べいいのか分からない。 今回は用途に合わせておすすめのAnkerモバイルバッテリーをご紹介します。...

chromebookに使用できるモバイルバッテリーについて

ノートパソコンとモバイルバッテリーにおいて以下の条件が揃わないと充電出来ませんので最初に確認してくださいね。

ノートパソコン側の条件

モバイルバッテリーでの充電は、USB Type-Cを利用したUSB PD(=USB Power Delivery)という機能でおこなうので、USB Type-C搭載していることが条件になります。

USB typeC

モバイルバッテリー側の条件

モバイルバッテリー側もUSB PD対応でなければ、PCに充電できません。

また、容量(xxxmAhと記載されているところ)や出力(xxWと記載されているところ)が小さいと充電できなかったり、数%~20-30%しか充電されない等の現象になる可能性があります。

その他

充分な出力のバッテリーを購入したのに充電が遅いときは、ケーブルに問題がある可能性があります。

USB PD対応のUSB Type-Cケーブルを使いましょう。

組み合わせやその他条件により充電できない場合がありますので、パソコン側の説明書を読んだうえでご購入下さい。

chromebook向けおすすめモバイルバッテリー

選定条件

条件1:容量と出力

家でノートパソコンの充電をせずに、かつ1日の授業時間において充電切れを気にせず使用したいのであれば、容量20000mAh出力60W以上だと安心できます。

予備的につなぎたい場合は10000mAh出力30W程度でもいいかもしれませんが、パソコンやアプリの使用状況によっては出力不足の可能性が出てきますので、やはり60W以上がおすすめです。

条件2:重量

持ち歩きの際、ノートパソコンの重量から解放してあげたいのが目的なのでそれより重かったら元も子もありませんねw。

とはいえ、バッテリー容量と重量は比例しますので、20000mAhの場合、バッテリー単体で400g前後になります。ノートパソコン約1.2kgとそんなにに変わらんじゃないか!と考えるか、ノートパソコンの1/3の軽さ!と考えるかは、通勤通学距離に依存するかと思いますので悪しからず。

条件3:製造元

聞いたことないメーカーのバッテリーを購入して、充電容量が記載値より明らかに少なく感じたり、異常に熱くなったりした経験ありませんか?

USB PD対応バッテリーは大容量、高出力化しているので、へたな安物に手を出すと発火につながりかねませんのでここは信頼性のあるメーカーを選びたいところです。

おすすめモバイルバッテリー4選

PowerCore III 19200 60W(Anker)

容量19200mAh
出力最大合計60W
サイズ約169 × 79 × 22mm
重量約422g
ポート数USB Type-C(PD対応) x1個、USB -Ax2個

モバイルバッテリー最大手のAnkerから発売されているバッテリーなので、信頼性抜群です。容量、重量、価格のバランスが非常に良い製品になっています。

なお、Ankerは種類を豊富にそろえているので容量だけ気にして購入すると、実はPD対応していなかったとなる場合があるので、ご確認の上ご購入下さい。

Ankerおすすめモバイルバッテリー
Ankerおすすめモバイルバッテリー【目的別】みんなAnkerのモバイルバッテリーを使っているけど、種類が多くてどれを選べいいのか分からない。 今回は用途に合わせておすすめのAnkerモバイルバッテリーをご紹介します。...

SMARTCOBY20000 60W(CIO)

容量20000mAh
出力最大60W
サイズ約132 × 67.5 × 25mm
重量約370g
ポート数USB Type-C(PD対応) x1個(入出力)、USB -Ax2個(出力)、micro-USBx1個(入力)

製造元である『株式会社CIO』は2017年に大阪で設立された日本メーカーです。

この製品の特徴は、なんといっても

・バッテリー残量が1%単位で表示される。

・他メーカー同等製品より10%以上も軽量

の2点でしょう。

上記最大手Ankerと上手に差別化できている製品ですね。先に述べたようにバッテリー容量と重量は比例するので、その点同容量製品より軽量に作れたのはすごい技術だと思います。

本製品が、クラウドファンディングサイトで400万円以上の支援を集めたというのも納得です。

MOT-MB20001(MOTTERU)

容量20000mAh
出力最大60W
サイズ約150 × 60 × 26mm
重量約350g
ポート数USB Type-C(PD対応) x1個、USB -Ax1個

日本国内で自社製品の企画製造販売業務を行っているスマートフォン周辺を中心としたデジタルアクセサリーを取り扱う会社『MOTTERU』の商品です。

国内の規格販売品だけあって、2年の保証期間がついています。また、大容量バッテリーにして珍しく黒以外の色もラインナップされていますね。

OWL-LPB20015-BK(オウルテック)

容量20000mAh
出力最大合計60W
サイズ約150 × 58 × 25mm
重量約340g
ポート数USB Type-C(PD対応) x1個、USB -Ax1個

今回紹介した商品の中で唯一『USB PD-PPS(power Delivery Programmable Power Supply)』に対応しています。

簡単に言うと、電圧・電流を最適な値に調整することで発熱や変換ロスを最小限に抑えられる最新の仕組みで効率よく充電可能ということです。

まとめ

今回4点のPD対応モバイルバッテリーをご紹介しましたが、結局どれを買ってやったんだよ!というと、

最初に紹介した

PowerCore III 19200 60W(Anker)

を選びました。

Anker製品をこれまでも使ってきた経験からくる品質の安心感がやはり決め手となりました。

スマホ用のモバイルバッテリーより容量が大きい分値段も高価になるので、この点は重要ですよね。

とはいえ、他メーカーも充分な保証期間とPSE認証が付いていますので各々の個性的な機能に魅力を感じれば充分購入検討する価値のある商品です。

(参考)学校で使わている端末について

文部科学省によると、整備済み端末に対するOSごとの割合は以下のようになっています。

整備済み端末に対するOSごとの割合

ChromeOS:40.1%

Windows:30.4%

iOS:29%

その他:0.5%

引用元:文部科学省『GIGAスクール構想に関する各種調査の結果

(令和3年8月)

導入コストやクラウドでの活用等を考えていくと今後もChromeOSの優位性が高そうですが、その一方で企業が圧倒的に取り入れているOSはWindowsなわけです。

このギャップについては、企業がコスト抑制のためChrome導入を進めていくのか?教育機関側が予算を増やしてWindows導入に踏み切るのか?等々気になるところです。

少なくとも、今の子供たちが慣れ親しんだOSがこれからの社会で覇権を取ることは間違いないでしょう。

それでは、楽しいガジェットライフを!

ABOUT ME
Mito
Mitogram-ミトグラム-を運営していますMitoです。3Dcadモデリングやメカニカル設計が本職のエンジニア。2年前からソロキャンプに目覚めキャンプ沼に浸かっています。当ブログは、2021年7月25日に開設しました。 ・キャンプ、アウトドア関連の記事 ・マンガ、ビジネス書関連の記事 ・たまにガジェット系の記事 など昭和生まれの40代男性に刺さる記事を発信していきたいと思います。