PC周辺設定

CanonインクジェットプリンタTS7430をおすすめする4つのポイントとインク型式

TS7430CanonPrinter

こんにちは、Mitoです。
最近はブログ更新が楽しくてキャンプに行けてないです。キャンプ記事を書こうと思って始めたブログですが、本末転倒モード中です。
今回はプリンターを買い替えましたのでそのレビューです。

買い替えのきっかけ

我が家で使っていたプリンターは『MG6730』、2014年に発売されたモデルで確か購入したのは2015年だったと思います。

先週、妻からプリンターにエラーが出ていると言われ見てみると【サポート番号B200】のエラー表示が。

ネットで検索したところ、プリンターヘッドの異常加熱かヘッドのインク詰りが発生した際のエラーのようです。

基本は表示通り修理依頼に出すのが良いのでしょうが、エンジニアの端くれとしては自分でいじらないと気が済まないたちなので自力で直した方の記事を参考にヘッドを外して、お湯洗いして1日自然乾燥させてみました。結果、状態変わらず。

うーん、こうなるとヘッド交換してみるかとも思いましたが適合品はAmazonあたりで5000円くらい。これ買って仮に直っても6年使っているから他にガタ来ていてもおかしくないと考え、いっそ新規購入することに至りました。

ちなみ今回私が行った方法は、こちらを参考にさせて頂きました。とても丁寧に説明されています。

実際に復活した方もいらっしゃるようなので同様の症状の方は試してみてはいかがでしょうか?(実施は自己責任でお願いします。)

機種検討と比較

正直、私は家で全くプリンターを使用しないのでインク代のランニングコスト考えるともう買わなくていいのじゃないかと思ったのですが、妻と子供がコピー使うとか年賀状プリントするとかで必需品だと押し切られ(どっちも最寄りのコンビニでいいじゃないかと思うんだが藪蛇になりそうなので…)

せっかく買うならということで我が家の検討条件をまとめると、

・Canon製:デザインはこっちの方が好き。
・複合機:コピーしたいらしいので。
・2万円以下

下記5つが候補になりこの中からの選定になります。

TS8430TS7430TS6330TS5330TS3330
発売日2020年 8月 6日2020年 8月27日2019年 9月 5日2019年 9月 5日2020年 4月 9日
価格(キヤノンオンラインショップ)
  (税込み)(2021/10月現在)
32450円21450円18150円13750円6600円
サイズ mm373x141x319376x141x359372x139x315403x148x315435x145x316
重さ kg6.66.36.26.33.9
インク6色ハイブリッド5色ハイブリッド5色ハイブリッド4色ハイブリッド4色ハイブリッド
カートリッジ型式(セット販売)BCI-381+380/6MPBCI-381+380/5MPBCI-381+380/5MPBC-361XL/360XLBC-345XL/346XL
ランニングコスト約19.9円/1枚約19.0円/1枚約19.1円/1枚約27.8円/1枚約23.9円/1枚
給紙方法前面/背面前面/背面前面/背面前面/背面背面

まず、最新型のTS8430はまだ価格が3万円以上なので除外します。
メーカーサイトを見るとSDカードスロットも付いているようですが、MG6730でSDカードを挿したことは一度もなかったし。

TS7430も2万円以上なので除外。

続いてTS3330は前面カセット給紙できないのが致命的なので除外
我が家はTVボードにプリンターを入れているので背面給紙はイヤなのです。

残る2機種はそこまで決定的な差が無いと思います。TS5330は1色少ない4色ハイブリッドですが、写真をそれほどプリントアウトするわけでもないしここにはこだわりません。

というわけで、TS6330orTS5330に絞りました。

購入にあたり

Mito

アレ?価格.comやAmazon、楽天どこ探しても在庫が無い!

原因は諸々あるようですが、テレワークによる需要や世界的な半導体部品不足等で圧倒的に市場在庫が無いそうです。Epsonはちょこちょこあるんだけどなぁ。

それでは、意外と店頭在庫あるのかなと思い何件か家電量販店を渡り歩くもやはり入荷まで2-3ヶ月待ちか、もしくは入荷時期が全く分からないとのこと。

最後に普段あまり行かない地元の家電量販店へ向かうと

TS7430が19,800円じゃないですか!

ネット上では最安でも20,800円だったんだけどな?在庫があればこれにしようと在庫を聞いてみるとやはり在庫切れで入荷日未定とのこと。

ネット価格より安値だったこともあり「展示品でもいいので、コレ持って帰れますか?」と聞いてみるとOKでした。

交渉の末、消費税分値引きしていただき無事プリンター入手。店舗よりネット価格の方が安いのが当たり前だと思い込んでいましたが、意外とそうでもないのですね。

たまには実店舗に足を向けてみるのも大事ですね。

TS7430 レビュー

インク型番とセットアップについて

ここで一つ勘違いしていました。MG6730のインクがそのまま使えると思ったら、TS7430のインクは『BCI-381+380』なんですね。

店員さんにインクあるから要らないって言ってしまってまた店に出向くの億劫だなと思いきや、付属品で付いているのですね。よかったx2

TS7430のインクは『BCI-381+380』

コジマ楽天市場店
¥5,970 (2022/11/24 21:05時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

1.インクをプリンターヘッドにセットします。

2.用紙をA4カセットにセットします。あれ?奥まで入らないけどそういうものなのか?でもプリンターにセットできないな?説明書を読んだらカセットの全面に付いているカバーを外してセットするのですね。失礼しました。

3.用紙を設置しOKボタンを押すと印刷品質調整が開始されます。数分で完了するのでそれを待ちます。プリンターとして使用するにはたったこれだけでセットアップ完了です。

4.あとは自宅のWi-Fiと接続します。付属説明書には詳しく書いていないのですが、我が家はバッファローの無線ルーターを使用しているのでAOSSで設定しました。
下記手順です。

  1. 『OK』ボタンでメニューを開く
  2. 『LAN設定』を選択
  3. 『Wi-Fi』を選択
  4. Wi-Fiセットアップ』を選択
  5. ルーターのボタンで接続』を選択
  6. 『AOSS(バッファロー)』を選択
  7. AOSS対応のWi-Fiルーターに接続しますと表示されるのでOKボタンを押す
  8. AOSS対応のWi-Fiルーターを探しています。Wi-FiルーターのAOSSボタンを長押ししてください。と表示されます
  9. Wi-FiルーターのAOSSボタンを長押ししてください
  10. AOSSでのセットアップを開始しますと表示されます
  11. Wi-Fiルーターとの接続が完了しましたと表示されれば接続完了ですのでOKボタンを押してください

5.試しに娘のiPadでAirPrintしてみました。無事印刷できたので成功です。出力の際気付いたのですが、前のプリンターではできなかったAirPrintでのA4用紙出力ができるようになっていました。

デザイン

最初候補に挙げたTS6330やTS5330よりシャープな見た目でスタイリッシュです。

そしてこれまで使っていたプリンターと並べてみるとこんなにコンパクトになっています。

体積にして約25%省サイズ化!6年の歳月の進化はすごいですね。

進化ポイント

  • これまでA4資料はiPhone/iPadではプリントアウト出来なかったので都度PCを立ち上げていたのですがこの手間が省けるのはめちゃくちゃ嬉しいです。これだけでも買ってよかったと思います。
  • スマートフォンアプリ「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」経由でスキャンデータをiPhoneに取り込めるようになりました。
  • 画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_9234-139x300.png

  • これまでのプリンターは6色インク、今回は5色インクと1つ少なくなったにも拘らずとでもきれいな写真印刷ができて満足です。
  • 印刷時トレーが伸びてくる様子がメカニカルでいい。
  • おしいポイント

  • QRボタンが付いていてどんな機能かとワクワクしましたが、ボタンを押すと操作説明のオンラインマニュアルに繋がるとか。機械がニガテな方にとってはいい機能?なのかな?わざわざ物理ボタンまで設ける必要はないのじゃないかと思ってしまう。仮に機械がニガテな方への配慮であれば、紙の付属マニュアルを充実した方が良い気がします。コスト的には物理ボタン>紙マニュアルでコスト下げられるような。
  • 正インクが高い。商売として成り立たせるには仕方のない事かもしれません。そもそもこれだけセンサとアクチュエータが搭載されている機械が20,000円弱で売っている方がおかしい。が、同時に消耗品ビジネスも岐路に差し掛かっている感じがしますので純正インクの価格破壊につながる画期的なアイディアに期待したいです。
  • まとめ

    購入コストも安く、充分進化を感じられる内容のプリンターだと思います。現在市場では品薄状態ですが、TS8430と比較しても機能は劣っていませんので買い替え検討されている方で運よく在庫を見つけたら是非ゲットしてみてはいかがでしょうか?

    それでは楽しいプリントライフを!

    ABOUT ME
    Mito
    Mitogram-ミトグラム-を運営していますMitoです。3Dcadモデリングやメカニカル設計が本職のエンジニア。2年前からソロキャンプに目覚めキャンプ沼に浸かっています。当ブログは、2021年7月25日に開設しました。 ・キャンプ、アウトドア関連の記事 ・マンガ、ビジネス書関連の記事 ・たまにガジェット系の記事 など昭和生まれの40代男性に刺さる記事を発信していきたいと思います。